映画ポケモン「ミュウツーの逆襲」フル動画を無料視聴【配信まとめ】

映画ポケモン「ミュウツーの逆襲」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

実はポケモン映画は以外に版権が厳しく、有料の月額動画サービスであっても、TSUTAYA TV以外は一切配信されていません。アマゾンプライムビデオ等では視聴できないわけですね。

ただ、一方でTSUTAYA TVであればミュウツーの逆襲~から最新作まですべて見放題。おまけに30日間の無料トライアルがあるので、今すぐ「ミュウツーの逆襲」を視聴してみてください。

 

「ミュウツーの逆襲」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


劇場版ポケモン「ミュウツーの逆襲」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ

というより、劇場版ポケモンは全作TSUTAYA TVの独占配信です。初代の「ミュウツーの逆襲」や、人気の「水の都の守り神」、そして最新作まですべて視聴可能。


えっ…でもお金かかるんでしょ?

と思いますよね。


たしかに、月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、初めて登録する場合、無条件で30日間の無料トライアルが適用されます。

なので、「ミュウツーの逆襲」を含めポケモン映画を楽しみ、他に見たいものがなければ期間内に解約すればOK。そうすれば1円も費用はかかりません。

もっともアニメ、洋画、ドラマなど幅広い動画を楽しめますし、ポケモン映画以外でもかなり楽しめるので、まずは無料で試してみてください。


違法アップロードサイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(邦題)」「pocket monster mewtwo strikes babk(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
 

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

「ミュウツーの逆襲」のあらすじとネタバレ


ポケモンマスターを目指し、旅を続けているサトシ。そしてカスミとタケシ。

3人のもとに届いた一通の手紙から、物語は始まります。


届けられた手紙は、優れたポケモントレーナーたちを集めて行われる、ポケモンバトル大会の招待状。もちろんサトシは大会への参加を決めて、会場がある孤島へ向かいます。

港につくとサトシと同じ目的で集まってきたトレーナーたちが人垣を作っていました。どうやら大嵐のために、島への連絡船が出航できなくなってしまったのです。


ですが、集まったトレーナーは腕に自信があるものばかり。

ある者は水ポケモンとともに嵐の海を渡り、またある者は空を飛べるポケモンの力を借りて島へ。サトシ達も後に続こうとしますが、残念ながら彼らのポケモンは小型のものばかり…

嵐のなかを進むほどの力はありません。


そんな時、サトシ達の前に現れたのはロケット団。

彼らはトレーナーが一同に集まるこの機会に、大量にポケモンを横取りしようと考えていたのです。変装した3人は船を手配し、サトシたちを島へと導きます。

しかし途中の嵐に耐えきれず、船はあえなく転覆。サトシたちは自分たちのポケモンに命からがら、つかまりながら、なんとか島まで泳ぎ着きます。はぐれてしまったロケット団たちも、別の場所から島にたどり着いていました。


バトル会場は、嵐の雲に囲まれそびえ立つ、重々しい雰囲気の城でした。

サトシたちとは別の場所から、城の内部に入り込んだロケット団たちは、奇妙なものを目にします。複雑に絡み合ったたくさんの機械、ベルトコンベア。

何かの研究施設のようでした。


そんな時、ロケット団の一人ニャースが機械に飲み込まれてしまったのです!

命からがら脱出しましたが、すると機械からニャースそっくりの、コピーポケモンが生み出されます。謎の装置はポケモンを複製するための機械だったのです。


一方城の中に入ったサトシたちを迎えたのは、先にたどり着いた三人のトレーナーとポケモンたちのみ。ほかのトレーナーはたどり着くことができなかったのです。

言葉を交わし合うサトシとトレーナーたちの前に、ついにバトルの招待主が現れます。薄紫色の肌に、鋭い目つき、長い尻尾を持つ、一体のポケモンでした。

誰も見たことがないそのポケモンは、自らを「ミュウツー」と名乗り、この城の主人であると宣言。偉そうな態度のミュウツーに、「ポケモンが主人なんてありえない」とトレーナーたちは、各々のポケモンをぶつけて攻撃します。


ところが、ミュウツーは自らが所有するポケモンたちの力を使い、返り討ちに。

それだけでは飽き足らず、サトシを含めたトレーナーたちのポケモンを、特殊なモンスターボールで次々と捕まえ始めます。宙に浮いたボールによって、トレーナーたちのポケモンは次々と捕まえられてしまいました。


最後まで逃げ延びたサトシの相棒ポケモン、ピカチュウも、ボールの餌食に。

それでもピカチュウを助けたいサトシは、ピカチュウを捕まえたボールにしがみつきます。そして、ロケット団たちがいる研究施設へと導かれるのです。

なんとかピカチュウを取り戻すことができたサトシでしたが、それを嘲笑うかのように研究施設からはコピーポケモンたちが誕生し、活動を始めたのでした。


城の闘技場にたどり着いたサトシと、つかまっていたポケモンたちは、ついにミュウツーと対峙します。

「許せない、お前なんか許さない」

サトシは、自らの拳でミュウツーに殴りかかりますが、あっけなく吹っ飛ばされ、ミュウツーの力で、絶体絶命にまで追い込まれます。


サトシを救ったのは、ずっと遠くから様子を伺っていた、「ミュウ」というポケモンでした。ミュウは、複製されたポケモンであるミュウツーの元になったポケモンです。

ミュウツーにとっては、ミュウは憎しみの象徴でした。オリジナルとして存在する限り、自分は決して”本物”にはなれないのです。ミュウもまた、自分のニセモノの増長は見ていて気持ちのいいものではありません。


憎しみとともにミュウに攻撃を仕掛けるミュウツー。

ミュウツーに続く様にして、他のコピーポケモンたちも、自分たちのオリジナルであるポケモンたち、トレーナーのポケモンに、戦いを挑み始めます。


そんな時、ミュウツーに操られていた女性が意識を取り戻しました。そして同じポケモン同士が戦い続ける状況を目の当たりにして、困惑するしかありません。

「なんなの、この戦い。本物だってコピーだって、今は生きている」

この戦いに、意味などないのです。


勝ち負けもなく、ボロボロになりつづけながら、終わらないぶつかり合いを繰り返すポケモンたち。サトシの相棒であるピカチュウもまた、自分から複製されたコピーのピカチュウに殴られ続けますが、殴り返すことができません。

悲しい顔をして、ただ攻撃を受け続けるのです。

ポケモンたちの嘆きを聞き、耐えられなくなったサトシはついにミュウツーとミュウの間に飛び込み、身を挺して戦いを止めにかかります。

しかし、そこに二体の技が繰り出され、サトシは石化し、動きを止めてしまいました。


静まりかえった闘技場。


「バカな、人間が我々の戦いを止めた!?」


驚愕するミュウツーをよそに、サトシの相棒、ピカチュウはサトシに駆け寄り、必死に呼びかけます。寝坊助だったサトシを起こすため、何度も浴びせていた10万ボルトを、繰り返し、繰り返し、サトシに落とし続けるピカチュウ。


サトシは動きません。石になったままです。

もうサトシは動かない。

悟ったピカチュウは涙を流し始めます。


闘技場に響くピカチュウの泣き声、そして周りのポケモンたちの嘆き声。

争いあっていたポケモンたちが、身を寄せ合い、悲しみ続けます。


そのとき奇跡が起こりました。


ポケモンたちの涙が光を帯び、サトシの体に集まり始めたのです。光はサトシの力となり、サトシは元の体となって、蘇りました。

「たしかに、お前も私も、すでに存在しているポケモン同士だ」


ミュウツーは、ミュウに語りかけます。

「この出来事は誰も知らない方がいいのかもしれない。忘れた方がいいのかもしれない」この言葉とともに、コピーポケモンたちは、一体、また一体と空に浮かび始め、ミュウツーの後を追って空を飛び始めます。


「みんな、どこへ行くの?」

問いかけるサトシに、ミュウツーは答えます。

「我々は生まれた、生きている、生き続ける、この世界のどこかで」

やがてコピーポケモンたちを引き連れたミュウツーは、空の彼方へと消えていきます。


気がつくと、サトシたちは港にいました。

「なんでオレ達、こんなところにいるんだ?」

サトシたちは、誰もミュウツーのことも、島での出来事も、覚えていません。

「さあ、いるんだからいるんでしょうねー」
「ま、いっか」
「うん」

特に気にすることもなく、サトシたちは、旅の続きを始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です